巻きで合わせる@座間養魚場

今シーズン恐らく最後のエリアフィッシング。

場所は柏市の座間養魚場に行ってきました。

f:id:eternalsekai:20190508120708j:image

前回はラインでアタリを取る練習をしていましたが、この日は風が強かったため、スプーンではなくクランクで巻き合わせの練習をしました。

色々な釣りのスタイルがあると思うのですが、私はキャストした後は自分の体をエリアに向かって少し横向きになる方がアタリが取りやすいです。

皆さんは何かこだわりはありますでしょうか。

この日の座間養魚場は激渋でした。アタリが全くありません。

辛うじて最初のヒットがつぶあんにあり、なんとか1匹目。

f:id:eternalsekai:20190508121305j:image

つぶあんは良く釣れる、というか良くアタリがあるんですが、結構フッキングまで持っていくのが難しいんですよね。ロッドはもちろん、巻き合わせでもフッキングできないことが多々あるのです。

そこで、つぶあんの場合は敢えて合わせない、というのも手だと思います。デッドスローで巻き、アタリがあっても同じように巻き続けることでフッキングに持ち込みます。つぶあんはこの方法の方がやりやすい。

一本上がって次にアタリがあったのは買ったばかりのラッシュベルというクランク。こちらはデッドスローで潜っていき、早巻きすると浮いてくる面白いルアーです。

f:id:eternalsekai:20190508122227j:image

この後は全くアタリがなく、周りのお客さんだけでなく、管理人さんも連れてなかったので本当に渋かったのだと思います。

ようやく同じラッシュベルで3本目4本目を釣り上げ、この日の釣果は5時間で4匹という厳しい感じとなりました。

巻き合わせは最初はテンポが遅れてしまいますが、慣れると結構楽かもしへません。ロッドで合わせるよりはフッキング率も上がっている?気がします。

しかし、今シーズン最後?のエリアフィッシングはやはり楽しかった。また次のシーズンに爆釣したいですなぁ。

夏は近くの川や池、沼でブラックバスやる予定です。